各種3Dプリンターとの相性テスト結果一覧

Polymaker社の素材は殆どのFDM方式3Dプリンターに使用できます。
Polymaker社または、株式会社サンステラが所有する3Dプリンターで検証したフィラメントとの相性テスト結果一覧になります。

Ultimaker S5
すべてのPolymaker社製フィラメントで出力が可能。フィラメントからみて相性のよい3Dプリンターと言える。
すべてのフィラメントで出力が可能。フィラメントからみて相性のよい3Dプリンター。

Mass Portal PHARAOH ED
概ねどのフィラメントでも造形に問題はないが、デュアルヘッドが必要なサポート素材「Polydissolve S1」「PolySupport」はこのシリーズに対応できない。
概ねどのフィラメントでも造形に問題はないが、デュアルヘッドが必要なサポート素材は対応できない。

LulzBot TAZ 6
すべてのPolymaker社製フィラメントで出力可能。相性のよい3Dプリンターと言える。保温カバーがない為、ABSをはじめとした反り易い素材は、大きい造形物になるほど反る可能性がある。
すべてのフィラメントで出力可能。反り易い素材は、大きい造形物になるほど反る可能性がある。

Raise3D N2
すべてのPolymaker社製フィラメントで出力が可能。相性のよい3Dプリンターと言える。ABSをはじめとした反り易い素材は、大きい造形物になるほど反る可能性がある。
すべてのフィラメントで出力が可能。反り易い素材は、大きい造形物になるほど反る可能性がある。

Zortrax M200
概ねどのフィラメントでも造形に問題はない。ABSをはじめとした反り易い素材は、大きい造形物になるほど反る可能性がある。
概ねどのフィラメントで出力が可能。反り易い素材は、大きい造形物になるほど反る可能性がある。