フィラメント検証レポート|zortraxM200 × PolyLite ABS

Zortrax社製『 zortraxM200 3Dプリンター』をご使用中で、PolyLite ABS / 1.75mmをご購入いただいたお客様のフィラメント検証レポートをご紹介いたします。


制作物:

(S500系)ハイゼット用スマホトレー

使用材料:
Polymaker製フィラメント『PolyLite ABS』
3Dプリンター機種:
zortraxM200(Zortrax社)
業界・産業

フリー

制作物について

ABSの弾力性と軟化温度105℃に期待して社内用小物を作りました。来年の夏を超えたら合格です。軽トラの(握りが細い=直径30mm)T字型ハンドルに引っ掛けて、スマホやおにぎりを乗せる台(トレーです。)旧型のパッソでも使えました。

このフィラメントを使用した感想

zortrax純正のZーABSとほぼ同等の寸法精度と強度がありそうです。弾力性もあり、ハンドルにセットできました。臭いも、ほとんど気にならないレベルです。使えます!。
265℃-105℃でスマホ立てを作ったら、少し荒れが発生しました。次は255℃100℃にしようと思います。
*Z-ABSの設定も試してみようと思います。

満足度は(5点満点で)

4.5


※これらの情報は、本商品をご購入いただいたお客様のご意見であり、動作を保証するものではございません。
動作確認をご希望される方は、まずサンプルをご購入の上、ご自身の3Dプリンターでお試しください。