フィラメント検証レポート|UP mini2 × PolyFlex

TierTimeTechnology社製『 UP mini2 』をご使用中で、PolyFlex / 1.75mmをご購入いただいたお客様のフィラメント検証レポートをご紹介いたします。


制作物:

車輪

PolyFlex 使用材料:
Polymaker製フィラメント『PolyFlex』
3Dプリンター機種:
UP・Afina(TierTimeTechnology)
UP mini2
業界・産業

大学

制作物について

マイコン制御の動く車輌おもちゃの車輪。
写真奥の緑のものが通常のABS、手前がPolyFlexです。
柔らか素材なのに造形はしっかりできています。

このフィラメントを使用した感想

この手のものを作るときにいつも悩むのが車輪です。
今までは工作キット等で市販されている車輪を使っていましたが、これをPolyFlexで代替できないかと思い試してみました。
もう少し硬いものを想像していたのですが、予想を裏切る柔らかさで、こんな材料がエントリークラスの3Dプリンタで使えるとは驚きです。
今まで諦めていた弾力性の必要な機械部品として使えそうな予感がしました。

結果として今回の車輪はちょっと柔らかすぎてイマイチでしたが、ホイール部分を通常のPLAで、タイヤ部分をPolyFlexで、と分けて作れば良いものができそうです。(できたらまたレポートします!)

柔らかいのにきちんと精度良く造形できるのは驚きました。
ただ、サポートが強力にくっついてしまい、剥がすのがものすごく大変です。
極力サポートが不要な形状で設計するのが良いと思います。

満足度は(5点満点で)

4.5


※これらの情報は、本商品をご購入いただいたお客様のご意見であり、動作を保証するものではございません。
動作確認をご希望される方は、まずサンプルをご購入の上、ご自身の3Dプリンターでお試しください。