フィラメント検証レポート|UP mini2 × PolyMax PLA

TierTimeTechnology社製『 UP mini2 』をご使用中で、PolyMax PLA / 1.75mmをご購入いただいたお客様のフィラメント検証レポートをご紹介いたします。


制作物:

オムニホイールの軸とフォーク

Polymax 使用材料:
Polymaker製フィラメント『PolyMax PLA』
3Dプリンター機種:
UP・Afina(TierTimeTechnology)
UP mini2
業界・産業

大学

制作物について

オムニホイール(全方向車輪)…のマウンタと車軸(写真の黒いパーツ)です。
オムニホイール本体は通常のABSです。

このフィラメントを使用した感想

Polymax の説明にある “EXCELLENT MECHANICAL PROPERTIES” が具体的に何を意味しているのかイマイチよくわからなかったので、比較的複雑な機械部品を、と思いオムニホイールを、部品の組み立てではなく、一発完成品として出力してみました。…が、やってみたら入り組んだところにあるサポート部分が全く剥離できず失敗でした。ちなみに通常のABSで作ったらすんなり動くものができました(写真の白部品)。
それで、おそらくEXCELLENT MECHANICAL PROPERTIESが剛性や強度のことかと思うことにして、片持ちでやや力がかかる支えの部品と、擦れが続く軸を製作することにしました。
ご覧の通り、綺麗にできています。ただ、機械的に従来のABS/PLAとどのくらい違うのかはちゃんと試験しているわけではなく正直よくわかりませんでした。
それよりもこの素材はサポートが強力にくっついていて剥がすのがとても大変です。今回のような単純な形状ならいいのですが、3Dプリンタの本領発揮とも言うべき立体的に入り組んだ形状の部品には正直向かないと思いました。製品説明の “EXCELLENT MECHANICAL PROPERTIES” についても、何がどうエクセレントな特性なのか具体的に書いてくれた方がいいと思いました。

満足度は(5点満点で)

3.0


※これらの情報は、本商品をご購入いただいたお客様のご意見であり、動作を保証するものではございません。
動作確認をご希望される方は、まずサンプルをご購入の上、ご自身の3Dプリンターでお試しください。