Polymaker PC-PBT

  • PolymakerPC-PBT
  • PolymakerPC-PBT
  • PolymakerPC-PBT
  • PolymakerPC-PBT
Polymaker PC-PBT

Polymaker™ PC-PBTは優れた耐熱性を持ち、氷点下(-30℃)など極端な環境下でも良好な靭性を維持できます。
同時に優れた耐薬品性もある為、燃料類、油類、潤滑剤、洗剤などの接触にも応用できます。

特徴①
優れた耐薬品性:燃料類、油類、潤滑剤、洗剤などの接触にも応用できます。
特徴②
優れた低温靭性:氷点下(-30℃)など極端な環境下でも良好な靭性を維持できます。
特徴③
優れた耐熱性:107℃の熱変形温度を持っています。
Polymaker PC-PBTフィラメント基本仕様
カラー 全2色
ブラック(在庫あり)、ナチュラル(入荷待ち)
平均フィラメント径 1.75 mm
(< ± 0.05 mm、通常は~ ± 0.02 mm) 2.85mm(取り寄せ)はこちら
重量 1,000g
推奨プリント温度(*1) 260 – 280 °C
推奨プリント速度(*1) 30 – 50 mm/s
推奨ホッドヘッド温度(*1)(*2) 100 – 115 °C
チャンバー温度 100 – 110 °C
*1:推奨プリント温度と推奨プリント速度は、プリンター種類や環境によって変化します。
*2:造形プレートの加熱が可能な場合
1,000gスプール詳細
パッケージ寸法 240㎜(W) x 215㎜(D) x 80㎜(H)
パッケージ重量 1.5kg
スプール寸法 200㎜(W) x 200㎜(D) x 52㎜(H)
スプール内径 55㎜(W)

PolyBOX セット

送料全国一律800円(北海道・沖縄・離島は1,000円)15,000円(税別)以上のお買い上げで全国配送料無料
2.85mm径フィラメントの販売開始2.85mm径フィラメントの販売開始

Polymaker PC-PBT Black

販売価格(税別)
¥8,000
在庫状態
在庫有り
ブラック/フィラメント径:1.75mm/重量:1,000g
注意事項:
  • Polymaker™ PC-PBTは、チャンバー保温が必要です。100-110℃に保温することです。
  • 造形プレートを綺麗に掃除、造形物との定着力を良くするには表面にBuildtakがお勧めです。
  • プリント時、層間接着性を良くする為に、クーリングファンをオフにすることを推奨します。
  • プレートからの造形物の取り外しを容易にするために、フレックスプレートの使用をお勧めします。
  • Polymaker PC-PBTを使用する際は、常にラフト付きでプリントすることを推奨します。プリント後のラフト除去を容易にする為、ラフトと造形物の距離を約0.2mmに設定してください。
  • サポート材は直ぐに取り外してください。
  • 最良印刷効果を得るには引き戻り距離は1-3㎜、引き戻り速度は30-50㎜/sに設定してください(設定はなければ大丈夫です)。
  • 吸湿した場合の乾燥設定は80℃で8時間です。
  • Polymaker PC-PBTは、印刷プロセスの直後に90℃で2時間アニールすることを推奨します。
  • 印刷する時、PolyBoxと一緒のご利用をお勧めします。また最良の印刷結果を得るためには、材料を常に乾燥状態に保つためにPolyBox™やビニール袋の中に保管することをお勧めします。
  • Polymaker社製品のSDS(安全データシート)、TDS(テクニカルデータシート)、RoHSはダウンロードページにてご確認いただけます。
    その他技術的な質問がございましたら、お問い合わせください。
  • Polymaker社製フィラメントを使用中、万が一、3Dプリンター機器に破損や故障があった場合、当社は3Dプリンター機器に対して一切の責任を負いかねます。