【コラム】中国 泉州に3Dプリンターで巨大な橋を建設

2019年5月、Polymaker社、上海建工、酷鹰ロボット社は、プロジェクトチームを組み、3Dプリンターで巨大な橋を作り、中国の泉州で完成させた。
重さ12t、長さ17.5m、わずか5週間で制作した。

日本では、安全基準の問題でなかなか実現するには難しい話題だが、耐候性に優れた「ASA」と「ガラスファイバー」を組み合わせる事で、橋も建設できるようだ。

同プロジェクトは昨年2018年11月、上海桃浦公園に橋を完成させ、中国では「3Dプリンターで作った橋」として、ニュースで大きく取り上げられ、話題となった。

今回は最新モデルを投入し、前回と異なる造形プロセスを採用した。自動出力化で無人操作が可能に、造形速度も大幅に向上し、約10Kgのヘッドを駆使して僅か5週間で完成させた。強度は鉄筋コンクリート並みで、1㎡あたり2KNの圧に耐えられる。 

工事完成日 2018年11月 2019年5月
場所 中国 上海桃浦公園 中国 泉州 
サイズ 長さ:15.25m
幅:3.68m
高さ:1.1m
長さ:17.5m
幅:3.2m
高さ:3.2m
重量 6t 12t
制作期間 4週間半 5週間
印刷速度 8㎏/h 10-12kg/h
構造 水平印刷、一体成型 垂直印刷、16分割組み立て
材料 PolyLite ASA、ガラスファイバー PolyLite ASA、ガラスファイバー
参加企業 酷鹰ロボット 上海建工 Polymaker 酷鹰ロボット 上海建工 Polymaker

PolyLite ASA の詳細・ご購入はこちら