【コラム】オンラインセミナー開催「自動車業界での3Dプリンター用フィラメントの応用例」第2部

Polymaker社はCovestro社と提携し、「自動車業界での3Dプリンター用フィラメントの応用例」をテーマに、自動車業界向けにセミナーを開催しました。

■セミナー内容
第1部:3Dプリンティング技術と業界の発展
第2部:3Dプリンティングによる自動車業界への応用例
第3部:「オンラインセミナー」での質疑応答


3Dプリンティングによる自動車業界への応用例
1.自動車製造のライフサイクルにおける3Dプリンティング技術の応用

設計&開発     →    製造     →    市場          試作品製造        備品                 自動車の改造 コンセプトカー       最終部品              スペアパーツ レーシングカー

2.3Dプリンティングの「価値ピラミッド」

3Dプリンティングの「価値ピラミッド」

3.応用例

■バッテリーケース Sarolea
ユーザー名:ベルギーのオートバイブランドSarolea
造形内容:PolyMax PC-FRを使用して、バッテリーケースを造形
バッテリーケース Sarolea
<メリット>
・生産期間短縮とコスト削減
・PolyMax PC-FRはUL 94のテスト方法による、V = 0 (1.0mm)の難燃レベルに達することができた

■ロボットアーム用治具
ユーザー名:某部品製造メーカー
造形内容:PolyMaker PC-ABSを使用して、ロボットアーム用治具を造形
ロボットアーム用治具
<メリット>
・生産期間短縮
・PolyMaker PC-ABSは、管に対しても長期間巻き付けられる

■吸気ダクト – Custom Import Arts
ユーザー名:Custom Import Arts
造形内容:PolyMide CoPAを使用して、レーシングカーの吸気ダクトを造形
吸気ダクト - Custom Import Arts
<メリット>
・生産期間短縮、コスト削減
・PolyMide CoPAは吸気管にかかる圧力と高温に耐えることができる

■省エネコンセプトカー – 同済大学志遠チーム
ユーザー名:同済大学志遠チーム
造形内容:PolyMide P6とPolyMide PA6-GFを使用して、フレーム構造を造形
省エネコンセプトカー - 同済大学志遠チーム
<メリット>
・PolymakerのWarp-free技術により、コストを削減しながら高性能なフレームを製造できる   
・造形物の充填率を調整することで、部品を軽量化

■PolyCastを使用した金具製造の急速な普及
ユーザー名:多数の鋳物工場及び部品サプライヤー
造形内容:PolyCastで蝋に代わる原型を製作して少ロット生産
PolyCastを使用した金具製造の急速な普及
<メリット>
・製造時間短縮とコスト削減    


第1部:3Dプリンティング技術と業界の発展
第2部:3Dプリンティングによる自動車業界への応用例
第3部:「オンラインセミナー」での質疑応答