【コラム】Polymakerフィラメント応用事例(ベルギーのバイク製造老舗メーカーSarolea)

ベルギーのバイク製造老舗メーカーSarolea(サロレア)は、1960年代に製造を中止していましたが、近年、新規事業がブランドを継承し復活しました。
現在、電動バイクに焦点を当てていますが、企業ポリシーは、1850年にブランドを創設した時と変わらないバイク製造に対する情熱です。

Saroleaは、自社の技術を活かしてトラックレース用バイクの開発及び製造をしています。
人気を得た後、最初のレースバイクであるManx 7のロードゴーイングバージョンを設計することにしました。 製造プロセスの各段階で3Dプリント技術を使用しており、Polymakerとの密接な技術関係を持っています。

「私たちは設計プロセスでPolymakerフィラメントを使用してコンポーネントとアセンブリをチェックします。また、炭素繊維コンポーネントの金型を作成します。Polymakerフィラメントの信じられないほどの高品質により、 当社のレーシングバイクとプロダクションバイクは完璧に造形されています。従来の製造プロセスでは非常に複雑で面倒なコンポーネントでした。」

Rob Mitchell Sarolea氏より



3Dプリント技術は、あらゆる面で自動車産業に大きな利点をもたらします。 Saroleaは、設計、製造、そして最終的にはロードバイクやレースバイクで動作する部品の製造に多くの異なる材料とその固有の特性を利用して、3Dプリントを製造サイクルのすべての段階に統合しました。

第一段階:デザインと開発

アプリケーション:
プロトタイピング、コンセプトデザイン、デザインの反復

利点:
低コスト、短いリードタイム、軽量、設計の自由度、外観と機能の迅速な検証。

説明:
PolyMax™ PLAPolyMax™ PETGの両方がプロトタイピングに使用されます。 Manx 7電動スーパーバイクでは、ボディワーク全体がPolyMax PLAを使用してプロトタイプ化されました。 このアプリケーションでは、プリント適性、信頼性、および靭性が重要な役割を果たします。 N60モデルでは、SaroleaはボディワークのプロトタイピングにPolyMax PETGを使用しました。 PolyMax PLAと比較して、PolyMax PETGは研磨と研磨が容易であり、PLAに比べて20℃の耐熱性が向上します。 これにより、Saroleaはプロの仕上げでボディワークをプリントできました。


PolyMax PLAを使用


PolyMax PETGを使用

第二段階:生産

アプリケーション:
金型製作、生産治具、製造設備

利点:
カスタムパーツを迅速かつ低コストで製造し、社内でプリントすることで生産サイクルを効果的に削減します。 直接カーボンファイバーレイアップ用のネガティブモールドをプリントします。

説明:
Saroleaは、PolyMide™ CoPAの3Dプリント用金型で、カーボンファイバーの最終部品を製造するために使用しています。 Manx 7とN60の両方にカーボンファイバーモノコックシャーシがあります。これには、カーボンファイバーのレイアップに役立つ複雑なモールドがいくつか必要です。
PolyMide CoPAは、オートクレーブ内で炭素繊維が焼成されている間、真空硬化プロセスに伴う高い熱と圧力に耐えることができます。 PolyMide CoPAは、バイクの組み立てに必要な生産ツール、治具、固定具の製造にも広く使用されています。


PolyMide™ CoPAを使用

第三段階:アフターマーケット

アプリケーション:
生産準備済みパーツ、カスタマイズ、スペアパーツのプリント

利点:
完成したパーツを最新の材料でプリントし、既存のパーツについて顧客に完全なカスタマイズを提供し、スペアパーツのデジタルデータベースを保持します。

Saroleaは、Polymakerが提供する高品質な素材のおかげで、3Dプリントされた多数の部品を最終生産で提供しています。
PolyMide™ PA6-CFは、高速気流で広く使用され、Polymaker™ PC-PBTは、カスタム内のセルホルダーとして使用されています。
PolyMax™ PC-FRは、バイクの走行に必要な高電圧回路とワイヤーの備品と保持具をプリントするための耐火材料を提供しています。


Polymaker™ PC-PBT


PolyMide™ PA6-CF            

Saroleaは、Polymakerの材料はプロトタイプ製造で重要な役割を果たすだけでなく、オートバイ部品の製造および最終生産で貴重なツールを提供すると述べました。
両社の緊密な技術協力により、Saroleaは自動車の電化の限界を押し広げました。