【コラム】自動車部品メーカー導入事例

今回は、自動車の部品メーカー様(日本)の導入事例を紹介します。

従来では、複雑な形状の検査治具をアルミ切削加工で製作していましたが、製作日数がかかるとのことで、3Dプリンター(INTAMSYS FUNMAT PRO 410)で出力する事で製作日数を短縮する事に成功しています。

(下記、写真はPolyLite ABSを使用した時のものです)
PolyLite ABSは高い強度と耐衝撃性を持ち、またプリント時の反りと臭いを最小限に抑えられました。

その他にも、自社生産設備の消耗パーツを切削加工に代わりに3Dプリンターを活用することで、リードタイムの短縮にて、たとえパーツが壊れてもすぐに作業できる状態にし、稼働に遅延を出さないようにされています。また、生産設備の開発、試作などにも3Dプリンターを活用されています。

顧客名:大手自動車部品メーカー(日本)
業界:自動車
応用:品質管理計量器や生産設備開発
マテリアル:PolyLite ABS
3Dプリンター:INTAMSYS FUNMAT PRO 410


ご紹介いたしました3Dプリンター及びマテリアルの詳細

Polymaker社製PolyLite ABS

PolyLite ABS の詳細・ご購入はこちら


INTAMSYS FUNMAT PRO 410 3Dプリンターの詳細はこちら